2022/8/1(月) 違う世界がみえます

息子と息子にプレゼントした顕微鏡の世界に魅了されました。

初めて顕微鏡でみたものは、その日の食卓にいたコバエです。
気持ち悪かったけど、息子にとっては面白かったようで・・・

後日、私と家にあるものを色々と顕微鏡で見てみました。
顕微鏡は、想像を超えた世界で、何を見ても「おお~!」と二人で叫んでいました。

思ったのと違う! 綺麗! きもちわるい! なにこれ?

色々な発見がありました。

こちらはなんでしょう?→

細かめのクッション材(スポンジ)です。※倍率40

顕微鏡をのぞいて見ると、もっとキラキラして綺麗です。

こちらはなんでしょう?

これはすりガラス(海で拾ったシーグラス) 倍率40

これもすっごく綺麗でした。
研磨されてつるさらなシーグラスの表面でも拡大すると
傷があって、凹凸に光があたってやさしくキラキラしていました。

これはプレパラートを作成してみたものです。

息子にプレパラートで田んぼやドブの水を見たいと言われ、それは嫌だったので、ガーベラの茎を包丁で極薄にスライスして私がプレパラートを作成してあげました。※小学校1年の息子にはちょっと難しかったので。


倍率200倍

倍率が上がると暗くなります。100倍が一番綺麗でした。


フォレスト不動産のご紹介

フォレスト不動産の取り組み

  • 画像リンク

    スタッフブログ

  • 画像リンク

    Facebook

  • 画像リンク

    Instagram

  • 画像リンク

    Twitter

店舗情報