★基本的な用語★

土地や建物を探すうえで、知っていると物件探しが
少~し楽になる基本的な用語をご紹介♪

敷地面積

敷地面積とは、建物が建っている敷地の広さのことを言います。
「敷地面積」と「土地面積」は同じものを指します。

延床面積

延べ床面積とは、建物の各階の床面積の合計のことをいいます。
「延床面積」と「建物面積」は同じものを指します。

建蔽率



建築面積の敷地面積に対する割合。

建蔽率とは、敷地に適度な空地を確保することで、日照や風通しを確保するとともに、火災の延焼を防止することを目的とする規制です。地域によって割合が異なり、30%~80%の範囲で指定されています。

例えば、建築面積50㎡、敷地面積100㎡とすると、
 
50÷100×100=50     建蔽率は50%

容積率



建築物の延べ床面積の敷地面積に対する割合。


容積率は、道路、下水道などの施設の整備に見合った建築物を建築することにより、良好な市街地環境の形成を図ることを目的とする規制です。地域によって割合が異なり、50%~500%の範囲で指定されています(商業地域を除く)。

例えば、延床面積150㎡(50㎡×3階)、敷地面積100㎡とすると、
 150÷100×100=150%   容積率は150%


フォレスト不動産のご紹介

販売中の物件特集のページ

  • 画像リンク

    只今販売中の物件です

  • 画像リンク

    スタッフブログ

  • 画像リンク

    Facebook

店舗情報