どのように相談したらいいかを整理してみよう。

とっても不安な方の第一歩


住まいの売却「どうしたらいいの・・」とお困りの方へ

この家、売ることにしよう。

そうお考えになった背景には、さまざまなご事情がおありだと思います。

個別の事情を踏まえて、愛着ある我が家をたいせつに扱ってくれて
仕事や日常生活に支障がないように売却活動をまかせられる担当者、不動産会社に
すんなり出会えればいいのでが、そうカンタンにはいかないだろうし・・・。

インターネットで売却の手順を調べると「まずは査定依頼」「不動産会社に相談」
そんなものかと思いつつ、とにかく初めてだから、なかなか行動を起こせない。
不動産会社に相談するにも、どこに何を・・・。

どうしたらいいのかとお困りの方は
手始めに、売却や不動産会社に対する「漠然とした不安」の解消をオススメします。




「漠然とした不安」の解消とは・・?

査定や相談の前に、心配事をメールで相談してみよう。


なかなか行動できない理由のなかに、こんな気持ちがあったりしませんか。

ふだん馴染みのない不動産会社、いきなり訪ねていくのは難しい。
そもそも大事な話をできる相手かどうかもワカラナイのに、相談って・・・。

思い切った行動は無理そう。だったら、ウォーミングアップに
売却に関して心配なこと、気になっていることをメールで質問してみましょう。

・何ヵ月くらいで売れますか? もし売れなかったら、どうなりますか?
・見学の方がいらっしゃるときは、仕事を休まなければいけませんか?
・売る前に引っ越ししないといけないの?住んだまま売れますか?
・古いので、ゆがみもあるし、傷も多いのですが、売れますか?

回答をもらって、ひとつでも不安が解消されれば、少し落ち着けますね。
さらに不動産会社がどんな対応をするのか、感触がつかめれば
次の質問がしやすくなるかもしれません。

やりとりしてみた結果「この人、話しやすそう」と思える担当者がみつかったら
そこから売却の相談を始めればいいのです。

相談するなら、一緒に「我が家のセールスポイント」を探してくれる人へ

また「いくらで売れるか」は気になるが、価格査定とかはまだ・・・という方は
お住まいのエリアでどんな家が売られているか、ふつうに物件広告を眺めてみてください。

そうすると「駅から遠いのに、なかなかの値段」「古いのに、魅力的に感じる」物件があることに
お気づきになると思います。
どういうことなのでしょうか。

それは、売主様と不動産会社がよく話し合って、その家のセールスポイントを探し出した結果です。
住んでいる人がいちばん知っていること、住んでいたからこそ気づかなかったこと
「売却」とひと口に言いますが「物件を売りたい」だけなのか「大切に住んでくれる人に引き渡したい」のかでは
売却活動の進め方が違ってきます。

価格査定に抵抗がある方は「いきなり値踏み?」「そこから営業?」とおっしゃいますが
実は価格査定は「値踏み」ではなく、適した売り方を研究するための資料づくりなのです。

ですから、もし価格査定をする機会があったら、担当者にこんな質問をしてください。

・この査定額になった具体的な根拠は何ですか?
・我が家のセールスポイントはどこですか?どんな人が魅力的だと感じてくれるのですか?
・どんな方法、どんな広告で売り出しますか?
・我が家を売るにあたって心配な点、売主として協力しなくてはいけないことは?

回答を聞けば、安心して本格的に相談できるかどうかが判断できると思います。

売却査定依頼

フォレスト不動産のご紹介

販売中の物件特集のページ

  • 画像リンク

    只今販売中の物件です

  • 画像リンク

    スタッフブログ

  • 画像リンク

    Facebook

店舗情報