どうやって買う・探す?住まい探し入門 ~不動産売買の仕組み編~

不動産屋さん(不動産仲介業者)って、何をしているの?どんな役割があるの?
不動産売買の仕組みを知っていると、ちょっと安心できると思います。


 

知識その1 不動産仲介とは・・

不動産の持ち主である一般の方から売却の依頼を受け、販売活動をし、購入したいお客様を見つける方法を、「不動産仲介」といいます。

不動産会社の広告に出ている物件は、すべてがその不動産会社の所有物件というわけではありません。むしろ不動産会社の所有物件はぐっと少なく、圧倒的に多いのが売り主から販売の依頼を受けている仲介物件なのです。

見分け方は簡単です。物件の広告をよく見てみましょう。その中に<仲介>とか<売主>とかが出ています。法律上、この記載が義務付けられていますので、必ず表記されています。

知識その2 仲介の仕組みとは・・

仲介物件の場合は、どの不動産会社からでも購入ができます。

A不動産会社が広告を出している<仲介>物件は、A不動産会社から購入することはもちろん出来ますが、B不動産会社から購入することも可能です。

不動産会社はお互い協力して不動産の流通を促進させることに努めていますので、どこの不動産会社の<仲介>物件でも他の不動産会社から取り扱いが可能です。むしろ当社ではこのような取引慣行を好ましいことだと考えています。

売主側業者は売主様の利益を第一に考え、買主側業者は買主様の利益を第一に考えることで、それぞれが顧客の利益を最大限にもたらすことができると考えています。

この方式を利用することにより、買主様はたくさんの物件の中から選ぶ事ができ、自分で探す手間が省けます。また、プロの視点からの公正なアドバイスも受けられますので、安心して購入することができます。

知識その3 仲介手数料

不動産(仲介物件)を購入する際は仲介手数料がかかります。仲介手数料はどこの不動産会社から購入しても同じです。

不動産の契約をすると仲介手数料がかかります。
※不動産の紹介や物件の現地案内などには一切お金はかかりませんのでご安心ください。

不動産会社の仲介手数料は売主と買主の間に入る不動産会社が何社あっても「物件価格の3%+6万円」(税別、物件価格400万円以上の場合の上限額)と決まっています。

もちろんA不動産会社の広告している<仲介>物件をB不動産会社から購入してもあなたが支払う手数料はB不動産会社に対してだけの「物件価格の3%+6万円」(税別)だけです。

ちなみに、1000万円の不動産を購入した場合の仲介手数料は、税込み388,800円です。

知識その4 不動産仲介業者の仕事として・・

選択とご決断は、お客様自身でお願いします。

私たちは、お客様の立場にたって土地や住宅を探し、不動産に関することを総合的にアドバイスし不動産の購入をアシストします。

関係法令を含め物件を正確に調査することによってお客様の利益を守り、難しい交渉事や手続きを代行することによって、お客様の安心と満足をご提供させていただきます。

また後日のトラブルを回避するため、専門知識を生かした契約書類の作成から登記手続きまで、お客様の不動産購入の全てをお手伝いさせていただくことが私たちの役割です。


フォレスト不動産のご紹介

販売中の物件特集のページ

  • 画像リンク

    只今販売中の物件です

  • 画像リンク

    スタッフブログ

  • 画像リンク

    Facebook

店舗情報